あなたはどっちをやりたい?飲食店バイトの2大業務

バイトといえば飲食店!

アルバイト、ときいて一番最初に思い浮かべるのが飲食店でのアルバイトであるという人はかなり多いのではないでしょうか?日本には非常に多くの飲食店があり、人でも必要であるため、アルバイトの求人を探しているとたくさん見つかる飲食店でのアルバイト業務。客として自身が利用したことのあるお店も多く、バイト先となっても馴染みやすい点が特徴です。そんな飲食店でのアルバイトにはホールとキッチンという大きくわけて2つの業務があるのです。

飲食店でのアルバイト!ホールの業務とは?

飲食店でのホールのアルバイトでは、主に、客席への案内やオーダー取り、料理の提供、会計、片づけなどを行います。人とのコミュニケーションが多く、お店によってはお客様との会話を多く求められる場合もあります。店内が広い場合は、勤務中にかなりの距離を歩くことにもなるので、繁盛店などで働く場合には体力が必須ということもあります。聞き取りやすい声や、きちんとした敬語などの礼儀正しい対応、お客様に心地よく過ごしてもらうための笑顔などを身に着けることができるでしょう。

飲食店でのアルバイト!キッチンの業務とは?

飲食店でのキッチンのアルバイトでは、主に調理や食材の管理、食器類の洗浄などを行います。お客様と直接かかわる機会がないお店が多いですが、一方で衛生的な面や品質、味など、お客様が求めて足を運んでくる料理そのものを担当する大切な役割です。実際にそれぞれのお店で自身の手で調理し、完成した料理を出すお店もあれば、冷凍の食材などをお客様に提供できる状態まで調理するお店もあり、職場によって大きく業務内容は異なります。

接客の求人へ応募することで、仕事を通して多くの人と関わることができるため、コミュニケーション力向上に役立ちます。