介護者が知っておきたい!認知症の人の問題行動の理由

問題行動を改善するために!

認知症の人を介護する場合、家族に最も負担をかけるのが、さまざまな問題行動ですよね。介護に不慣れだと、いけないと分かっていても叱ってしまったり、反対に認知症の人にふり回されて家族が疲れきってしまったりすることも少なくありませんよね。介護する際に知っておきたいのは、問題行動の改善には「適切なケア」が必要だということですね。認知症の人が問題行動を引き起こしている原因を知り、それに合った対応をすることが大切なんですよ。

問題行動の理由を突き止めよう!

問題行動は、認知症の人の欲求や満たされない思いがベースになっているんですよね。認知症によって記憶力や判断力が低下しているため、ちょっとした勘違いや思い込みが、一般の常識から外れた行動につながってしまうことがあるんですよ。これを改善するための第一歩は、問題行動の理由を突き止めることですね。家族や介護者から見れば「問題行動」と思えることも、認知症の人にとっては正当な理由がある、ごく普通の行動であることが多いものですよ。

問題行動の理由が分かれば対処の仕方も見えてくる!

認知症の人の問題行動の理由が分かれば、対処の仕方が見えてくることも少なくないんですよね。認知症の人の、どのような思いがどんな行動に結びつくかは人それぞれですから、パターン化することはできません。たとえば徘徊という行為にしても、「自分がいる場所が分からなくなっている」、「自宅にいるのが不安で落ち着かない」、「仕事に行くつもりになっている」など、いろいろな理由が考えられますよね。まずは認知症の人の様子をよく観察し、問題行動につながる理由を探してみましょう。

介護の求人にはブラック企業が多いという噂は少なくありませんが、そんなことはありません。介護の需要が高まり、介護施設などでは人員不足が深刻な状態で勤務していることが多いことから、噂が広まったといえます。